20160128_main

今回は、椎間板ヘルニアの症状を AKA – AKS治療で改善した、三田さん(29歳:ITエンジニア:仮名)にインタビューさせて頂きました。

仕事や生活に支障が出るほどの痛みに苦しんでいた三田さんは、藁にもすがる思いで当スタジオにご予約いただき、1年ほどが経過致しました。

今では痛みもすっかり改善され、趣味の旅行にも行けるようになった三田さんに、当スタジオに来ていただくまでの事、治療の感想などあれこれ聞いてみました。

今日は前回お願いさせて頂きましたが、インタビューと治療風景を撮影させて頂きます。よろしくお願いします。

はい、お願いします。

今日は前回の治療から 8週間ほど経っていますが、その間痛みの方はどうでしたか?

比較的腰の状態は良かったです。ただ、猛烈な寒波が来た先週は気圧のせいか少し腰が重かったです。

今日は歩いている時、特に左足の踵が浮くときに左腰に違和感が出るので見てもらいたいです。

それでは早速、関節と筋肉の評価をして、痛みの原因を明確にしてみますね。

はい、よろしくお願いします。

まずは仙腸関節から。右の仙腸関節の動きが悪いですね。専門的な言葉を使うと仙骨に対して腸骨が後傾方向、つまり猫背気味に座る動きに問題があります。

そんな感じがします。

20160128_01
仙腸関節ストレステスト

次に筋肉ですが左の腸腰筋と TFL(大腿筋膜張筋)が spazm(収縮不全を伴う硬結)を起こして緊張しています。これにより歩行時に腰の違和感が出てると思われます。

仙腸関節の AKA治療と左腸腰筋・TFLの AKS治療ですぐ楽になりますよ。

よろしくお願いします。

20160128_02
腸腰筋 spazm(こり固まり)テスト

う~ん。思ったより仙腸関節の動きが悪かったですね (^^ゞ 見た目より手こずりましたよ。一度歩いてみてください。

楽に歩けます。左かかとが上がった時の違和感がなく腰も楽になりました。

20160128_03
施術後の歩行確認

良かったです。これでもう安心ですよ ^^

ありがとうございます。また、8週間くらい様子をみて、大丈夫そうだったら 3ヶ月おきの治療にしていきたいと思います。

わかりました。ところで、当スタジオにお見えになるきっかけをお聞きしても良いですか?

はい。一昨年の 10月頃、左腰から臀部にかけて鋭い痛みが走るようになりました。痛みはどんどんひどくなり、5分も座ってられなくなり歩くこともままならなくなってしまいました。

病院とかは行かれたのですか?

はい。保存療法と服薬で様子を見たのですが全然効果がなかったので、某総合病院の整形外科を紹介されました。ここでは手術を勧められたのですが、ほんとにひどい目に合ったんですよ。。。

何があったんですか?

手術はなるべくしたくないな~って迷っていたら、担当ドクターが『手術をする気がないならとっとと帰れっ』って言うんですよ。もう、病院恐怖症になってしまって、しばらくなす術がなかったです (^^ゞ

世の中のドクター全部がそうではないですよ ^^ 少なくとも私が関わってきたドクターは責任感が強かったですよ。でもそのお蔭で、こうやって治療して良くなってきたわけですしね ^^

ちなみに当スタジオはどうやってお知りになったのですか?

はい。インターネットで調べて。。。わらをもすがる気持ちで (^^ゞ

初回に見えたときはほんとに痛そうでしたもんね。杖を付いて恐る恐る歩いて、座れないから立ったまま問診を行いましたよね ^^ 最初に AKA治療を受けた感想はどうでしたか?

はい、すごくソフトな治療だと思いました。

こんな弱い力で治るのかな~って思いませんでした?

いいえ、私は痛みが強かったので安心でした。実際、2週間単位で痛みが改善されていくのがわかりました。

初回時の痛みを 10とすると今はどのくらいですか?

う~ん。日によって違いますが 1 〜 2くらいまでは改善したと思います。90分くらい座ってられますし、旅行も行けるようになりましたからね。

本当に良かったです ^^ 今後の目標はどうでしょうか?

はい。今は 8週間の間隔で治療を受けないと不安があります。調子も良くなってきたので暖かくなったら治療間隔を 12週間に伸ばしたいと思います。

はい。春・夏・秋・冬に各 1回ずつのメンテナンスが理想的ですね。今後もお身体の状態に合わせてしっかり対応させて頂きますのでよろしくお願いします。

今日はインタビューと写真も撮らせて頂き、本当にありがとうございました。弟さんにもカメラマンをしていただき本当に助かりました (^^ゞ

いえいえ、お疲れさまでした。

最後に木の前で一緒に写真を撮りましょうね ^^

改善スコア

20160128_score

初回来院時の痛みを 10とすると…
現在は 1 〜 2まで減少
座位保持時間 5分が限界…
現在は 90分は可能
歩行 5分が限界…
現在は 90分連続で歩ける(旅行も行けるようになった)

実際に改善した患者様の動画